IEO(Indeed Engine Optimization)サービスの提供をスタート

運用ノウハウを活かして、広告費0円でアカウント最適化を

労働人口減少などにより慢性的な人手不足が続き、売り手市場の中で自社にマッチする人材獲得が困難になってきました。企業には効率的な採用活動の実施が必要になっております。
そんな中、近年求人特化型検索エンジンであるIndeedを採用活動として活用する企業が、非常に増加しています。無料枠、有料枠の掲載を駆使して運用されている企業が多い中、しっかりと運用が最適化されている企業が多くはない状況です。採用マーケティングの「認知~興味~応募」までにあたる段階での機会損失解消は企業の必須課題といえるでしょう。

当社は、このような状況を打破すべく、採用活動においてIndeedをフル活用するための運用最適化サービス「IEO(Indeed Engine Optimization/インディード最適化)」を開始しました。企業の採用活動の工数削減、効果最大化をご提供いたします。

IEOとは、”Indeed Engine Optimization”の略語です。 Indeedは2009年より日本でもサービスが開始され、2012年に人材業界最大手リクルートホールディングスが買収し傘下となりました。月間利用者数は2300万人以上となり、リクナビの月間利用者数が800万人と言われてるため、採用業界における圧倒的シェア、そして大量のCMや広告で認知を獲得しています。 今後も人材採用における必須なサービスとして当社は長く調査し、IEOサービスを開発しました。 Indeedのアルゴリズムに沿った運用を行い、効果の最大化を図ります。上位表示に向けた構成要素は3つに大きく分解され、運用のおける重要な施策となります。また求人ユーザのカスタマージャーニーマップを作成し、導線を分析しIndeed内の最適化、特にUGCと企業ページのコミュニケーション設計を行います。 当社では一連の分析、施策の実施をIEOとしてサービスを開始しました。